トップページ > スキンケア > 美容液

美容液

 肌をいたわり、栄養を与える美容液は、保湿、美白などさまざまな種類があります。
イオン導入によるスペシャルケアを行えば、より肌への浸透も高まります。




 美容液とは、セラミドやヒアルロン酸、ビタミンC、レチノールなど、肌トラブルに対応するための有効成分を濃縮して配合した化粧品のこと。 化粧水よりも美容成分の濃度がが濃いため、肌へ働きかける効果も大きいといえるでしょう。また、与えたうるおいを閉じ込める役割もあります。

 美容液は、浸透を助けるために手のひらにとって温めてから、額、鼻、両頬、あごの5ヶ所におき、顔の中心から外側へ指の腹をすべらせてなじませます。 美容成分を肌の内部まで浸透させることができるからです。最後に手のひらで押さえて、肌の色に美容成分を入れ込みます。

 保湿用、美白用など作用の異なる美容液を2種類以上使う場合は、保湿用を先に使い、サラリとしたもの、油っぽいものの順に使います。 目もとなど部分使いの美容液は最後にします。



 美容液には保湿、美白、アンチエイジングといろいろな種類があり、中には洗顔後すぐに使って化粧品の浸透をよくするブースタータイプもあります。

 美容液は、配合されている有効成分をチェックして、シミ、シワ、たるみ、乾燥など肌の悩みに合わせて選びましょう。メーカー独自の成分もあるので、 わからないものは、お店で確認を。使用感の重たいものより、軽いジェルタイプがおすすめです。ベタベタするものには増粘剤が多く配合されていて、 それが肌あれの原因になることがあるからです。

 また、週1回程度、シミやシワを予防するために、ビタミンC誘導体配合の美容液とイオン導入器によるスペシャルケアを行うとよいでしょう。 イオン導入によって、塗るだけでは届かない真皮にまでビタミンCを送り込むことができます。