トップページ > スキンケア > クレンジング

クレンジング

 メイクをした日は、クレンジング料でメイクを落とします。クレンジング料は刺激が強いものが多いので、時間をかけすぎると肌に負担がかかることがあります。
30〜40秒と短い時間で手早く肌にのばし、ぬるま湯で洗い流しましょう。

 メイクが残っていても、メイクの油分が毛穴に詰まってニキビの原因になることはありますが、色素がシミになることはありません。 さらに、皮膚の厚さはティッシュペーパー1枚程度。目もとはその半分です。 メイクを完全に落とそうとして強くこすったり、肌に負担になりシミやくすみ、肌荒れの原因になります。

 とくに目もと専用のリムーバーは洗浄力が強く、必要ば潤いまで落としがちです。コットンや綿棒を使って、こすらずに、やさしく落とすようにしましょう。




 油性汚れのメイクは、水になじみません。そのため、クレンジング料には、メイクを浮かせる油分に、水をなじませるための界面活性剤が配合されまています。
界面活性剤が多いとメイクとのなじみがよくなり、少ないとメイクとのなじみが悪くなります。界面活性剤の配合量は、クレンジング料の種類によって変わります。

 メーカーによって違いがありますが、クレンジング力の高いものから順にあげると、オイル、クリーム、ジェル、ミルク、ローション、となります。 しかし、どのクレンジング料でも界面活性剤が含まれているので、肌を傷めやすいことには変わりありません。 軽めのメイクならミルク、濃いメイクならオイルなど、その日のメイクや肌の状態に応じて選ぶようにしましょう。

 ただし、シート状やふき取るタイプは、肌をこるす刺激が赤ら顔やシミの原因になるため、使用するときは、こすらないように注意しましょう。