トップページ > スキンケア > クリーム

クリーム

 化粧水や美容液などで補った成分が逃げないように、油分でふたをする役割があります。
 薄い皮脂膜を張ることで、乾燥やほこりなどの刺激から肌を守ります。




 クリームは肌に薄い皮脂膜を張り、化粧水や美容液で補った水分や美容成分を閉じ込め、乾燥やほこりなどから肌を守るのが役割です。

 クリームは、鉱物油などの油分と水を、乳化剤で混ぜてつくられており、乳液よりも油分が多いのが特徴です。10〜20代はさっぱり系のお手入れを好みがちですが、 保湿は大切です。暑い時期や、ニキビができやすい部位以外は、なるべく使うようにしましょう。

 つけ方は、指を直接クリームの容器に入れると雑菌が入るので、スパチュラで手のひらにとり、両手でこすり合わせてから顔に塗ります。 顔の中心から外側へ指でやさしく押すようにしてなじませ、最後に手のひらでしっかり入れ込みます。 乾燥しがちな目もとや口もとは重ねづけを、皮脂の多いTゾーンは薄くつけるなど、肌の状態に合わせて加減します。



 クリームは油分でふたをするのが目的なので、乾燥が気になるときはジェルなどの軽い感触のものよりも、クリームらしいコクのあるタイプを選びます。 最近は保湿に加え、美白やアンチエイジグなど、肌の悩みを同時に解決してくれるクリームもあります。 配合成分を確認し、目的にあったものを選ぶようにしましょう。

 アイクリームは、皮膚が薄いために、シワやクマ、たるみなど加齢による影響を受けやすい目もと専用の化粧品です。 指のはらでポンポンと軽く押すようにつけます。

 ネッククリームは、運動量が激しいためにシワができやすい首専用のクリームです。 ハリや弾力をアップさせる成分が配合されています。ネッククリームをつけるときは、リンパの流れを意識して、 上から下へやさしくなじませます。