トップページ > スキンケア > 化粧水

化粧水

 水分補給のための保湿化粧水は、洗顔後に手でたっぷりつけるのがコツです。
乾燥が気になるときには化粧水でコットンパックをしましょう。




 洗顔やクレンジングでは皮脂が失われ、それに伴い水分も低下していきます。 そのため、化粧水には、失われた水分を補い、美容液などの栄養分を送り込む通り道をつくる役割があります。

 洗顔後はどんどん水分が失われるので、90秒以内に化粧水をつけましょう。化粧水は直接手のひらにたっぷりとって、肌を抑えるようにしながら、やさしくなじませます。 コットンは繊維がケバ立ち、その刺激が肌に小さな傷をつけることがあるので、皮膚が敏感になているときは、とくに手の方がよいでしょう。 たたくようにパッティングするのは、刺激が赤ら顔やシミの原因になるのでやめましょう。

 冬や乾燥肌の人には、化粧水を数回に分けてなじませたり、コットンパックをするのがおすすめです。
 化粧水のあとは、乳液やクリームをつけて、水分を閉じ込めましょう。


 化粧水には、保湿化粧水、美白化粧水、ふきとり化粧水、収れん化粧水、ニキビ用化粧水などがあります。 一般的なのは保湿化粧水で、水をベースにして、アルコールとグリセリンなどの保湿効果のある成分や香料が配合されています。 肌が柔らかくしっとりさせる効果があり、柔軟化粧水とも呼ばれます。アルコールが肌の刺激になることがあるため、ノンアルコール製品もつくられていますが、 乳化剤が配合されて、かえって刺激になる場合もあります。

 最近は、ビタミンC誘導体やアミノ酸、ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドなど保湿効果の高い成分を配合している化粧品も多く見られます。 とくにビタミンC誘導体は、水に配合すると安定性が高まるので、化粧水に多く使われます。 保湿化粧水を選ぶときには、このような有効成分が含まれているかどうかをチェックするようにしましょう。