トップページ > スキンケア > 乳液

乳液

 乳液には化粧水で補った水分や成分を肌に閉じ込める役割があります。
ベタつき感が苦手な人も、乾燥を防いで肌を保護するために自分に合ったものを使いましょう。




 乳液は、水を主体に15〜30%の油を配合して肌へのなじみをよくさせたもので、肌表面に薄い皮脂膜をつくり、 水分を閉じ込めて肌を乾燥や刺激から守る役割があります。乳白色なのは鉱物油などの油と水を乳化剤で混ぜ合わせているためです。 乳液のベタつき感が苦手な人も、乾燥を防ぐために自分に合った感触のものを見つけて、なるべく使うようにしましょう。

 使い方は、手のひらに10円硬貨ぐらいの量の乳液をとり、肌へのなじみをよくするために温めてから、顔の中心から外側へ向かって手を押し当てるようにのばします。 皮脂の多いTゾーンは薄く、乾燥しやすい目もとと口元は重ねづけします。皮脂が気になる部分は、ティッシュで軽く押さえると、余分な油分をふき取ることができます。



 乳液はメーカーによっては、エマルション、モイスチャーミルクとも呼ばれ保湿の役割もします。 保湿効果を求めるなら、セラミドなどの保湿成分が配合された乳液を選びましょう。

 ほかには、色がついていて潤いを与えながら肌を明るく見せるティント乳液や、保湿と日焼け止めを兼ね、 化粧下地にも使えるUVカット乳液、洗顔後にすぐにつけて、そのあとの化粧水や美容液の浸透を助けるブースター乳液などがあります。 また、乳液は適度に油分を含んでいるため、部分的なクレンジングやマッサージにも使うことが出来ます。 どちらの場合も、たっぷりの量を手のひらに取り、温めてからていねいにのばします。 マッサージは、筋肉の流れに沿ってやさしく行いましょう。グイグイ力を入れたり、ゴシゴシこすると肌への負担になり、シミやシワの原因になります。