トップページ > ニキビケア > ニキビ肌のケア

ニキビ肌のケア

 ニキビは皮膚の病気なので、治すためには医師のアドバイスが必要ですが、
自宅で出来る基本的なケアを覚えておき、悪化を防ぐようにしましょう。




 ニキビケアでもっとも大切なのは、自分でつぶさないことです。
つぶすと雑菌が入って化膿しやすくなり、しかもまわりの皮膚の組織までもが破壊されて
ニキビ跡が残りやすくなってしまうためです。

 洗顔は1日2回を実践しましょう。
また、メイクのパフやスポンジなど直接肌にふれるものは清潔に保ちます。
髪が触れるところにニキビが出来やすい場合は、髪をまとめること。

 首やあご、額にニキビが出来やすい場合は、すすぎ残しのシャンプーやリンスが原因と考えられます。
すすぎを必ず徹底しましょう。

 さらに無意識にしているクセもニキビを悪化させることを覚えておいてください。
たとえば、ニキビをさわるクセのある人は、その刺激がニキビを圧迫して進行させます。
さわるクセがあることを自覚してやめるように注意しましょう。

 メイクをするときは化粧品選びに注意しましょう。
リキッドやクリームタイプのファンデーションは界面活性剤や防腐剤などの成分が
ニキビを刺激したり、クレンジング料が肌を乾燥させてニキビを悪化させることがあります。
ファンデーションはこれらの成分が少ないパウダータイプフェイスパウダーを使用しましょう。

 メイクアップベースも肌に負担をかけるので使わないのが望ましいです。
保湿のあと直接パウダーファンデーションを塗ります。

 フェイスパウダーは日焼け止め剤を塗ってから重ねます。
どうしてもニキビが気になる場合は、その上にだけコンシーラーを塗ってもいいでしょう。

 一方10代のニキビは脂性がおもな原因なので、
メイクはニキビが治るまで待つか、ニキビ肌用を選ぶようにしましょう。