トップページ > ニキビの知識 > ニキビの出来方

ニキビの出来方

 毛穴の出口付近の角質層が厚くなります。
毛穴はもともと非常に小さいものですから、角質層が厚くなると、簡単に出口をふさがれてしまいます。
すると普段は毛穴から放出される皮脂が、出口を失ってつまっていきます。
この段階ではまだ目に見える変化はありません。

 角質が厚くなる異常角化はターンオーバーが正常に行われなかったりすると起こりますが、
もともとの原因は、ホルモンバランスや体調、体質など、あまりにも影響する要因が多いために、はっきりとしたことはわかっていないのが現状です。




 毛穴に皮脂がたまると、それが固まり、コメド(面ぼう)という白い塊ができます。
にきびをつぶしたときに出てくる白いゴマのような、いわゆるにきびの芯というやつです。
この段階で、コメドだけを上手に押し出すことができれば、跡にならずに治すことができる場合もあります。

 このコメドには、クローズドコメドとオープンコメドの二種類があります。
クローズドコメド(閉鎖面ぼう)は、毛穴の出口が完全にふさがれた状態のもので、炎症を起こしやすいです。
表面からは若干膨らんでいる程度でよく見えませんが、触ると小さなしこりのようなものがあります。
これを通称・白にきびといいます。

 オープンコメド(開放面ぼう)は、毛穴の出口が多少開いている状態のもので、コメドが酸化してしまうために、汚れて黒くポツポツとしています。これを通称・黒にきびといいます。


 たまっていく皮脂をエネルギー源にして、ニキビ菌がどんどん繁殖していき、
炎症が起きるため、赤く、熱を持ったような状態になります。
こうなると表面からもはっきりと見ることができ、これを通称・赤にきびといいます。


 増えすぎたニキビ菌を撃退するために、血液中の白血球がニキビ菌を攻撃し始めます。
そしてニキビ菌と白血球の死骸が、膿(うみ)となってたまっていき、プヨプヨのおできのようになります。
これを膿庖性座そう、または炎症性にきびといいます。




 ニキビ菌と白血球の戦いが激しくなると、毛穴自体が破られてしまう場合があります。
炎症は毛穴の周辺や、となりの毛穴にまで広がっていき、痛みを伴うようになります。
これを嚢腫様座そう、または硬血にきびといいます。



 炎症によってたまった膿が、毛穴の出口を破って排出されます。
にきび自体が深くにあって、毛穴から膿が出せない場合は、内側で徐々に吸収されていきます。


 膿が排出され、炎症が治まると、激しい戦いの跡だけが残ります。
色素沈着が起きて、赤みが残ってしまうもの、シミになってしまうもの、
皮膚が陥没しているようになるニキビクレーターなどがそれです。