トップページ > ニキビの知識 > ニキビ跡の種類

ニキビ跡の種類

 ニキビのあとは大きく分けて3つのタイプがあります。
跡に残るのは、どの段階で治ったかというとこや体質にもよります。




 ニキビが進行して炎症が起こり、赤くなった場合、ニキビが治っても赤みが残ることがあります。
さらにニキビが広範囲にわたって出来た場合は、赤ら顔のようになることもあります。
 これは一生残るわけではなく、一般的に2〜3年で消えていきます。だから、厳密にいえばあととはいえませんが、紫外線を浴びると、それがシミになって残りやすくなります。 赤みのあるうちには日焼けに注意しましょう。  早く赤みをとるには、ビタミンC誘導体配合の化粧品や、ビタミンCのイオン導入が有効です。

 ニキビ跡の赤みが茶色くシミのようになって残ります。これは炎症性色素沈着によるものです。
何年かたつと自然に消えることもありますが、日焼けをしてしまうと消えなくなりますので、紫外線対策を万全にしましょう。
 お手入れは美白化粧品も有効ですが、角質を落とすピーリングケアの方が効果的です。専門医によるケミカルピーリングは即効性があります。

 肌にみかんの皮のようにデコボコが出来た状態で、クレーターともいいます。
原因は、ニキビを爪でつぶしたり引っかいたりして刺激を加えたことや、ニキビの炎症や化膿が同じところに何度も起きて、真皮が破壊され、修復が出来たところと出来なかったところが発生したことにあります。 強い炎症を起こしやすい体質の人や、皮膚の硬い人に多く見られるようです。

 かんぼつが残ると、残念ながら完全に元に戻るころは出来ません。専門医によるケミカルピーリングやレーザー治療でかなり改善することはあります。