トップページ > ニキビの知識 > 大人ニキビ

大人ニキビ

 ニキビは、以前は10代の皮膚疾患といわれていましたが、
今では20代以上の人にも多くみられるようになりました。
大人のニキビの特徴を把握して予防と対策に役立ててください。




 ニキビは医学的には「ざそう」といい、毛穴に皮脂が詰まり炎症を起こしているものをいいます。
ニキビは男女とも性ホルモンの分泌が活発になる思春期から出来始めます。その時期にニキビが出来やすい人とそうでない人がいますが、それは遺伝的要素が大きいと言われています。

 以前は、ニキビは大人になれば自然に治ると言われていました。ところが近頃では20歳をすぎてニキビに悩む人が増えています。10代の頃にニキビがひどかった人に限らず、 以前は無縁だったのに、成人してから発症して、30〜40代になっても悩み続ける人が少なくないのです。

大人のニキビは若い人のニキビと異なり要因が複雑で、 治りにくいのが特徴です。20歳をすぎてからのニキビを吹き出物と呼ぶことがありますが、どちらもざそうという疾患です。

 ニキビは本来、顔、頭、胸、背中など皮脂線の多いところに出来ます。10代は年齢による皮脂分泌の過剰がおもな原因で、Tゾーンを中心に顔全体に出来ます。 甘いものや油っぽいものを食べすぎると、さらに皮脂分泌は過剰になり、毛穴が詰まりやすくなります。

 大人のニキビは、フェイスラインやUゾーンなど皮脂分泌が少ないところに出来ます。大人のニキビは重症のものがまとまって出来ることも多く、治りにくいのが特徴です。 直接の原因は、やはり毛穴の詰まりですが、要因のひとつはストレスや睡眠不足、ホルモンの乱れなどによる皮脂分泌の過剰。

もう一つは間違ったスキンケアや日焼け、乾燥などによるターンオーバーの乱れです。10代と同じケアでは悪化しやすく、他のトラブルを招くこともあります。