トップページ > ニキビケア > 大人のニキビケア

大人のニキビケア

 大人のニキビは古い角質が皮膚に残り、それが毛穴を詰まらせる原因です。
皮膚を清潔に保つとともに、ピーリングなどの角質ケアを行っていきましょう。




 大人のニキビは、ホルモンバランスの乱れや睡眠不足、ストレスなどでターンオーバーが乱れ、
古い角質が肌に残って厚くなり、それが毛穴が詰まらせるのが原因です。

 もちろん肌を清潔に保つのは大切なことですが、それだけでは十分ではなく、
古い角質を取り除きターンオーバーを正常にする角質ケアが重要になります。
さらに、肌の乾燥は角質の機能を低下させる原因になるので、十分に保湿も心がけましょう。

 ビタミンC誘導体は毛穴の中の活性酸素を抑え、皮脂の酸化を防ぐ働きがあり、
日常的に使用を続けているとニキビが出来にくくなります。

 また、ビタミンCには若干ですが皮脂を抑えたり、ニキビあとに出来た色素沈着を薄くする効果もあります。
ビタミンCはそのままでは肌に浸透しにくいので、浸透を高めたビタミンC誘導体配合の化粧品がオススメです。

 ビタミンC誘導体は水溶性なので、多くは化粧水に配合されています。
ビタミンC誘導体配合の化粧水のあとは、必ず保湿美容液やクリームを塗りましょう。

 大人のニキビは、炎症が始まっていたらピーリングを試しましょう。
ピーリングとは、酸を利用して古くなった皮膚の角質を除去し、肌の再生を行うものです。

 新陳代謝を活性化させ、肌のターンオーバーを正常に戻す働きがあります。
毛穴に皮脂や角栓が詰まるのを防ぐので、ニキビ対策に適しています。
 市販のピーリング剤は、美容皮膚科などで専門医が治療に使いケミカルピーリングよりも濃度が浅いものです。

 ピーリング剤にはいろいろなものがありますが、おすすめは石けんタイプです。
とれた角質といっしょに肌についたピーリング剤も洗い流せるため、比較的刺激が少ないといえます。
ふき取りタイプは、放置時間を守らなかったり、肌をこすったりすると肌荒れの原因になります。

 ピーリング跡の肌は、古くなった角質がはがれて薄くなっています。
肌荒れしやすい状態なので十分に注意しましょう。