トップページ > ニキビの予防法 > 生活習慣

ニキビ予防の生活習慣

 ニキビの要因にホルモンバラスのくずれがあります。ホルモンバランスをくずすのは、
食生活の乱れ、寝不足、ストレスなどが原因と考えられます。生活習慣を見直してみましょう。




 不規則な食事や偏食をしていると体のすみずみに栄養が行き届かず、肌の免疫力が低下したりターンオーバーが乱れたりします。いろいろな食材がとれて、栄養バランスに優れる和食を中心とした食事でニキビを予防しましょう。

 ニキビの予防に効果的なのはビタミンA・C・Eです。これらにはニキビの原因となる遊離脂肪酸の酸化を防ぐ働きがあるとされています。 また、ニキビに悩む人はビタミンB2・B6不足の疑いがあります。過剰な皮脂分泌がニキビの要因のひとつですが、このふたつのビタミンは助けあって体内で皮脂を分解する働きがあります。

 チョコなどの甘いものやナッツ類とニキビの因果関係は証明されていません。好きなのに我慢してストレスに感じるくらいなら適度に食べましょう。ただし、古くなって酸化したナッツはやめましょう。

 睡眠不足は肌の大敵です。睡眠時間が少ないと自律神経の乱れから、肌の代謝や免疫力が低下します。また、ホルモンバランスがくずれ、皮脂が過剰に分泌されてニキビが出やすくなります。せめて6時間の睡眠をとるようにしましょう。

 肌のゴールデンタイムと呼ばれる22時から午前2時の間にぐっすり眠るのが理想的ですが、忙しい現代女性にとってそれは難題です。なるべく午前0時にはベットに入るようにして、早起きをして肌のコンディションを整えましょう。

 ストレスを感じて自律神経の緊張状態が続くと、副腎皮脂から分泌される男性ホルモンが増加します。男性ホルモンは皮脂線の働きを盛んにして皮脂の分泌をうながします。皮脂が過剰になると毛穴が詰まってニキビが出来る原因にもなります。

 ストレスをためないようにするには、あまりまじめになりすぎず、毎日の生活を楽しんで気分転換をはかることが大切です。気分転換にはいろいろな方法がありますが、身近なところではお風呂にゆっくり浸かって温まり、心身共にリラックスするのがオススメです。 血行がよくなりぐっすり眠ることが出来ます。また、香りにはリラックス効果があります。アロマテラピーを楽しむのもいいでしょう。