トップページ > ニキビの知識 > ニキビの種類

ニキビの種類

 ニキビの種類は、症状の進行によって大きく4つに分けられます。
症状が進むとあとが一生残ることもあります。
早目に対処出来るよう、ニキビの種類と進行を紹介します。




 面疱は毛穴に皮脂が詰まり、栗粒ほどに盛り上がったもので、コメドともいいます。  毛穴がふさがっていて、ブツブツが白く見えるものが白ニキビ、毛穴が開いて先端が黒く見えるものを黒ニキビといいます。
炎症がまだ起こっていないので、このまま治ってしまうこともありますが、悪化することも多いので、普段のケアが大切です。


 毛穴の中でたまった皮脂を栄養源にしてアクネ菌が繁殖し、炎症が起こって赤くはれ上がったニキビ。
赤ニキビともいいます。活性酸素によって皮脂の酸化が進む炎症が悪化。


 炎症が進むと、赤みを増したり熱をもったりした化膿ニキビになります。
ふくらみの中心が白く見えるのは、膿を持っている証拠で、つぶすとあとになります。


 膿疱性ざそうがさらに進み、毛穴周辺の組織が破壊され、かなりの痛みをともなう炎症がおこります。
硬結ニキビとも呼ばれ、皮膚の下に固いしこりのようなものが出来ます。