トップページ > ニキビの予防法 > お手入れ

ニキビ予防のためのお手入れ

 ニキビは出来てしまってから対処するより予防が大切です。
洗顔で清潔を保ち、保湿をしっかりして肌のターンオーバーを整えます。




 ニキビ予防の基本は肌を清潔に保つことです。皮膚表面や毛穴に汚れが残っているとニキビの原因になりますが、洗顔は朝晩の2回で十分。 洗顔で皮脂を落としすぎると、肌が乾燥して角質が厚くなり、毛穴が詰まってニキビの原因を作ってしまうからです。

 朝の洗顔には、脂性肌の人は洗顔料をよく泡立てて、泡を包み込むようにに洗いましょう。ゴシゴシと洗うのは厳禁です。そのほかの肌質の人は、30分程度のぬるま湯でやさしく洗顔してください。

 メイクをした日はファンデーションが残っているとニキビの原因になることがあるので、クレンジングをして、そのあとに洗顔をします。ノーメイクなら石けんで洗うだけで構いませんが、やはりこすらないようにします。 洗顔後は清潔なタオルで肌を押さえるようにして水分をとりましょう。

 マッサージやパックは毛穴の奥に詰まった汚れをとり、硬くなった角質層をやわらかくするので、ニキビの予防には有効です。しかし、すでに赤く炎症を起こしているところには刺激になって悪化させるので、避けるようにしましょう。

 ニキビが気になる肌にも保湿が必要です。保湿がしっかりしていれば、肌に潤いが保たれてターンオーバーが正常に働きます。すると角質が厚くならず、ニキビも出来にくくなります。
 保湿で大切なのはスキンケア化粧品のつけ方と選び方です。ニキビは油分が多いと悪化しやすいので、肌の状態に合わせたケアをすることが大切です。

 乾燥しがちなところは、化粧水をつけて水分を補給し、乳液かクリームでふたをして水分の蒸発を防ぎます。ニキビの出来ているところや脂っぽいところには、乳液やクリームはつけずに油分の少ない保湿美容液をつけるようにしましょう。

 また、最近はノンコメドジュニックといって、ニキビの出来にくい油分のみを使用してつくられる化粧品もあるので、ニキビが気になる人は試してみるのもいいでしょう。