トップページ > ニキビの知識 > ニキビが出来る要因

ニキビが出来る要因

 ニキビが出来る要因は10代も大人も同じですが、毛穴に皮脂が詰まる要因には違いがあります。
しかし実際はニキビの出来る要因は複雑でひとつに特定することは出来ません。




 10代のニキビの要因として、一番大きいのは皮脂分泌の過剰です。
思春期は性腺の働きが活発になり、男性ホルモンが皮脂線を刺激して皮脂を分泌します。過剰な皮脂は毛穴につまり、ニキビとなります。

 ほかには、スナックやファーストフードなど油っぽいものの食べすぎと化粧による乾燥があります。
若い人はクレンジングをしていても、そのあと保湿をしっかりしない傾向があります。特にニキビのできている場合は、さっぱりした基礎化粧品のみになりがちです。肌は乾燥するとそれを補おうと皮脂をたくさん分泌するため、皮脂過剰になり、ニキビを悪化させる原因になってします。

 また、髪が顔にかかっていたり、汚れている枕カバーを使っているなどもニキビの一因となります。

 バランスが乱れるのは、睡眠不足やストレス、食事などが原因です。睡眠不足は肌の免疫力の低下を招き、ニキビが大きくはれやすくなります。
 ストレスがたまると、脳の視床下部から副腎皮質ホルモンを出す指令が出ます。このときに男性ホルモンも一緒に分泌されます。すると皮脂腺が刺激されて皮脂が多く分泌され、毛穴が詰まりやすくなります。

 また、生理前にニキビができやすいのは、女性ホルモンである黄体ホルモンも皮脂の分泌を活発にします。生理前のニキビは体のリズムによるものなので、悪化させなければ自然になります。
 また、10代の場合と同様に、自分は脂性肌と思い込んで、保湿をしないために皮脂が過剰に分泌されて、皮脂が詰まるケースも多くみられます。